*

【WordPress】WordPressを4.3にしたら真っ白になった話

     - 開発, WordPress

wordpress_is_white

WordPressをバージョンアップしたら真っ白になったので
今回に限るかもしれないけど対応方法をメモメモ。

事の発端

久々にブログの管理画面にログインしたら「Wordpress 4.3にアップデート出来るよ!」って言う
ポップアップが出ていたので、気にせずそのままアップデートを実行してみた。

結果・・・・・・・

画面が真っ白になりましたw

(д)<やっちまったああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!

管理画面もTOPページも真っ白で何にもできねぇよwwww

原因

さっそくググって原因を探してみると結構出てきた。
やっぱりみんな困ってたみたい(´・ω・`;)

その中で「WP-BANプラグイン」がWordpress 4.3にまだ対応出来てないバージョンだった
為にエラーで真っ白になったって人がちらほら居た。

そういえば俺もWP-BANプラグイン使ってたなぁって思って早速プラグインをOFFにしようと思ったら管理画面真っ白で何にも出来なかったwwww

対応

ともかくなんとかしなきゃ行けなかったので、何かいい方法が無いかGoogleさんで検索。
すると「データベースからプラグインをOFFにする方法」を発見!!

[WordPress]データベースからプラグインを解除する|HappyQuality

早速試してみる事に、やり方は

1.レンタルサーバーの管理画面にアクセスして、データベースを選択。

2.そして現在Wordpressを使用しているデータベースのphpMyAdminを開く。

3.phpMyAdminを開いたら「options」テーブルで「option_name」を「active_plugins」で検索。

4.検索した結果、該当する「option_value」の値を変更してアップデートで完了。

という事らしいが、プラグインの「option_value」はシリアル化された状態で入っているのでパッと見た感じだとなんじゃこりゃってなる。

しかも、シリアル化されたデータはちょっと間違えるとシステムエラーの原因になるので、
手間だったけど以下の方法で修正した。

1.option_valueの値をコピーする

2.ローカル環境に新たにPHPファイルを1コ作成する。

3.新しく作ったPHPファイルにコピーしたoption_valueの値のシリアル化を解除するプログラムを作成する。

4.作成したプログラムを実行してシリアル化が解除されたoption_valueの値を出力

5.シリアル化が解除されたoption_valueは配列で返るので後はごにょごにょ弄る。

6.ごにょごにょいじって、該当するプラグイン情報を削除したらもう一度シリアル化してデータベースに保存。

この方法で無事、真っ白が解消されました(´・ω・`;)
まぁ、「もっと簡単な方法があるぞw」って思うかもしれないけど、
一応安全対策って事でw

まとまってないまとめ

どうやら今回のバージョンアップでは構造が変わったりして
その結果プラグインが上手く動かなくなってしまい、画面が真っ白になったようでした。

一応今後バージョンアップする時は、プラグインとかも気をつけてから
やるようにしようっと。

それにもしプラグインを実行したら真っ白になったって場合
今回の方法が使えるから一応覚えていて損はないかもね。

 - 開発, WordPress

  シェアボタン

  関連記事

  コメント

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*